[ ロボット ]

AIで進化する産ロボたち ファナック・川重など投入

(2017/11/29 05:00)

産業用ロボット各社で、人工知能(AI)の活用が広がっている。ファナックは2018年3月末にAIやIoT(モノのインターネット)を活用したロボットによるバラ積み部品のピッキングシステムを提供する。三菱電機は18年にもAIでロボットの予防保全を効率化する機能を提供。川崎重工業はAIを活用して熟練作業を自動化するロボットシステムを開発した。AIでロボットをより簡単に扱えるようにし、適用範囲を広げる。

ファナックは10月に運用を始めた工場用IoT基盤「フィールド・システム」のアプリケーションとして、プリファード・ネットワークス(東京都千代田区)と共同開発するバラ積み部品のピッキングシステムを提供する。従来は熟練技術者でも調整に3日程度かかっていたロボットの教示作業が、AIの活用により約8時間で自動化できる。また例えば4台のロボットをつないで学習経験を共有することで、理論的には学習時間を2時間...

(残り:313文字/本文:713文字)

(2017/11/29 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録 することでご覧いただけます。

Journagram→ Journagramとは

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

幾何公差って、どない読むねん!

幾何公差って、どない読むねん!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン