[ 科学技術・大学 ]

完全CNT製放熱シート、富士通研が開発 高耐熱・熱伝導性実現

(2017/11/30 05:00)

富士通研究所(川崎市中原区、佐々木繁社長、044・754・2613)は、耐熱性と熱伝導性が高い100%カーボンナノチューブ(CNT)製の放熱シートを開発した。シート中でCNTが緻(ち)密に垂直に並んだ構造をとる。熱伝導率は80ワット当たり1メートルケルビンで、金属のインジウムシートの約3倍。700度C以上の高温に耐えられる。利用温度の高い車載半導体や次世代演算素子などの放熱に提案。2020年度以降の実用化を目指す。

直径200ミリメートルの基板上に多層CNTを均質に成長させた。これを無酸素環境下で2000度Cに加熱して圧力をかけると、CNTが密集配向したシートを成形できる。ピンセットでつまんでも崩れず、シートとしても扱える。

さらに2000度Cの加熱でCNTの構造の欠陥部分が修復される。CNTは欠陥から酸素と反応して燃え始めるため、欠陥修復で耐熱性が700度Cに向上した。

CNTの密...

(残り:281文字/本文:681文字)

(2017/11/30 05:00)

Journagram→ Journagramとは

PR

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

クリーンルームにおける静電気対策

クリーンルームにおける静電気対策

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策
原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策 原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる