[ 科学技術・大学 ]

完全CNT製放熱シート、富士通研が開発 高耐熱・熱伝導性実現

(2017/11/30 05:00)

富士通研究所(川崎市中原区、佐々木繁社長、044・754・2613)は、耐熱性と熱伝導性が高い100%カーボンナノチューブ(CNT)製の放熱シートを開発した。シート中でCNTが緻(ち)密に垂直に並んだ構造をとる。熱伝導率は80ワット当たり1メートルケルビンで、金属のインジウムシートの約3倍。700度C以上の高温に耐えられる。利用温度の高い車載半導体や次世代演算素子などの放熱に提案。2020年度以降の実用化を目指す。

直径200ミリメートルの基板上に多層CNTを均質に成長させた。これを無酸素環境下で2000度Cに加熱して圧力をかけると、CNTが密集配向したシートを成形できる。ピンセットでつまんでも崩れず、シートとしても扱える。

さらに2000度Cの加熱でCNTの構造の欠陥部分が修復される。CNTは欠陥から酸素と反応して燃え始めるため、欠陥修復で耐熱性が700度Cに向上した。

CNTの密...

(残り:281文字/本文:681文字)

(2017/11/30 05:00)

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる