[ 科学技術・大学 ]

内閣府など、五輪会場向け気象レーダー埼玉大に設置、ゲリラ豪雨・強風を予測

(2017/11/30 05:00)

  • マルチパラメータ・フェーズドアレイ気象レーダ設置時の様子(埼玉大学、アンテナにレドームを被せる直前)(情通機構提供)

内閣府や情報通信研究機構(NICT)などは29日、ゲリラ豪雨を予測する最新型気象レーダー「マルチパラメータ・フェーズドアレイ気象レーダ(MP―PAWR)」を開発し、埼玉大学(さいたま市桜区)に設置したと発表した。性能評価を行い無線局免許の取得後、2018年夏に、ゲリラ豪雨・強風に関する実証実験を行う。

MP―PAWRの開発は、内閣府の府省連携プロジェクト「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」の一つ。NICTのほか首都大学東京、東芝インフラシステムズなどが参画する研究グループが取り組んできた。

MP―PAWRは雨粒や氷、雪などの種類と大きさを把握できる降水観測精度の高いレーダーと、30秒で積乱雲の立体形状を把握する高速立体観測が可能なレーダーの機能を組み合わせた世界初のレーダー。既存レーダーの最大10倍の速度、2倍以上の密度で気象状況を観測でき、20―30分前に高精度なゲリラ豪雨や竜巻の予測が可能になる。

来夏の実証実験は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の協力を得て、競技場施設を対象に実施する予定。予測結果を東京五輪の運営判断や来場者の安全確保に活用できるようにする。

(2017/11/30 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる