[ ロボット ]

ヤマハ発、IoT対応次世代AGV 国際ロボ展に初出品

(2017/11/30 05:00)

まるで映画「スターウォーズ」に登場する「R2―D2」?―。ヤマハ発動機は工場内を自律走行し、IoT(モノのインターネット)にも対応できる次世代AGV(無人搬送車)の試作機「AFV(オートノーマス ファクトリー ビークル)=写真」を29日開幕の国際ロボット展に初出品した。2018年末から19年初めの商品化を目指す。

AFVは走行ラインの敷設が不要で自律走行が可能。ロボットを搭載すれば従来、人が行っていた部品のピッックアップやセットを自動化できる。組み立てや搬送といった生産ラインに外側(フロア)を加え、“フルデジタル工場”として提案する考えだ。

レーザースキャン機能やカメラを搭載し「自動搬送台車としてのコア技術は完成の領域に達している」(村松啓且IM事業部FA統括部長)という。カメラで撮影した映像は離れた場所のモニターでも確認でき、IoTの遠隔監視装置としての活用も見込む。AFVは同社が展開する統合コントローラー「YHXシリーズ」で制御できる。

(2017/11/30 05:00)

機械・ロボット・航空機1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン