[ 中小・ベンチャー ]

持ち運べる、EVの非常時充電器 電巧社が試作

(2017/12/1 05:00)

  • 持ち運べるようにしたEV充電器

電巧社(東京都港区、中嶋乃武也〈のぶや〉社長、03・3453・2221)は、電気自動車(EV)向けに移動できる充電器の試作機を開発した。軽四輪車などに乗せ、電気切れのEVの救援や災害時の充電を円滑にする。今後1年から1年半で充電器をコンパクト化し、大きさと重量をそれぞれ3割削減する計画。商品化については検討中で、自動車検査整備機器会社などとの共同開発も視野に入れる。

電池は1万5000回以上のサイクル寿命を持つ東芝製のリチウムイオン電池を採用。充電電圧はAC200ボルト、充電可能な電力は最大2・5キロワット時で、約40分でEVに充電できる。

試作機の現在の大きさは幅550ミリ×奥行き650ミリ×高さ660ミリメートルで、重量は約80キログラム。鈴木義治営業本部副本部長は「自動車の助手席やトランクに乗せられるサイズにし、価格は100万円程度を想定している」という。

(2017/12/1 05:00)

中小・ベンチャーのニュース一覧

おすすめコンテンツ

中小工場のためのIoT構築入門
低コストで簡単にシステムをつくる

中小工場のためのIoT構築入門 低コストで簡単にシステムをつくる

わかる!使える!工業塗装入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!工業塗装入門 <基礎知識><段取り><実作業>

超ロボット化社会
ロボットだらけの未来を賢く生きる

超ロボット化社会 ロボットだらけの未来を賢く生きる

実用設計製図 
幾何公差の使い方・表し方
第2版

実用設計製図 幾何公差の使い方・表し方 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙ロケットの本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙ロケットの本 第3版

アグリカルチャー4.0の時代 
農村DX革命

アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン