[ 科学技術・大学 ]

プラズマ活性溶液、がん転移の形成抑える−名大が発見

(2017/12/1 05:00)

  • PAL投与群(図右)及び非投与群(図左)における腹膜播種の形成経過(名古屋大学提供)

【名古屋】名古屋大学大学院医学系研究科の山田豪講師らは、プラズマで活性化した「プラズマ活性乳酸リンゲル液」(PAL)が、がん転移の一種の膵(すい)がん腹膜播種(ふくまくはしゅ)の治療法になる可能性を突き止めた。

PALは膵がん細胞株での抗腫瘍効果があり、マウスへの投与により、腹腔内にがん細胞が種をまくようにして広がる腹膜播種の形成が抑制された。難病の膵がんの新しい治療法開発につながる可能性がある。

人間に投与できるプラズマ活性溶液を開発するため、通常診療で点滴などに使う乳酸リンゲル液にプラズマを照射してPALを作成した。

膵がん細胞に投与すると、細胞死や活性酸素種の働きを通じて、抗腫瘍効果があった。膵がん腹膜播種のマウスでは、PALを投与すると腹膜播種がわずかしか形成されず、投与しないと腹膜播種が増えた。

今後は臨床応用に向けて作用の仕組みを解明し、治療効果の高いプラズマ活性溶液を開発する。

成果は国際科学誌アナルズ・オブ・サージカル・オンコロジー電子版に掲載された。

(2017/12/1 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい化粧品の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい化粧品の本 第2版

実務に役立つ 
プリント配線板の回路形成技術

実務に役立つ プリント配線板の回路形成技術

はじめての治具設計

はじめての治具設計

空飛ぶクルマのしくみ
技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

空飛ぶクルマのしくみ 技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゴム材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゴム材料の本

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる