[ 科学技術・大学 ]

アルミ表面処理の新技術 高温・高圧水蒸気で高強度・高耐食化

(2017/12/1 05:00)

  • 水蒸気を用いたアルミの表面処理技術

芝浦工業大学材料工学科の芹沢愛准教授は、アルミニウム材料を高温・高圧下の水蒸気にさらすだけで高強度・高耐食化する表面処理技術を開発した。錆の進行速度を100分の1程度に抑え、強度も1・5―2倍にできるという。現在、材料により異なる水蒸気プロセスの最適条件の発見や、塗膜との密着性の検討を進めている。産学連携を進め、数年以内に自動車部材や電化製品などの分野で実用化を目指す。

内部を高圧力にできる耐圧性の装置に、アルミニウムを入れて高圧・高温の水蒸気下にさらすと、表面に緻(ち)密な耐食性皮膜と結晶を形成する。

高耐食化するほか、圧力・温度によって結晶構造を制御すれば、高強度化にもつながる。困難だった高強度化と高耐食化の両立を実現した。

蒸気は細部まで行き渡るため、反応容器にさえ入れば大きなモノや複雑形状のモノにも適用できる。前処理が不要で化学薬品を使用しないため、低環境負荷で処理できる。

従来高耐食化するのに必要だった多くのプロセスや、大がかりな設備が不要となる。軽量なアルミニウムの活用範囲を広げる。

(2017/12/1 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる