[ 科学技術・大学 ]

柔軟に曲がる手術用かん子、慶大が開発 体傷つけず早期回復

(2017/12/5 05:00)

慶応義塾大学理工学部の大西公平教授と医学部の和田則仁専任講師らは、体内の構造に合わせて柔軟に曲がる手術用かん子を使う「軟性内視鏡手術システム」を開発した。体に傷をつけず、低侵襲な手術が可能になる。さらに、力触覚を伝える「ハプティクス技術」を組み合わせ、臓器をつかんだ感覚などを手元に伝えられるかん子の実用化も目指す。

かん子は、刃のないはさみのような形状をした手術用の器具。持ち手を開閉して操作し、組織や血管などをつかんだり引っ張ったりする。一般的なかん子は、持ち手から先端までの距離が長く直線的な構造をしている。このため、例えば食道の手術のために片方の肺をつぶしてしまうなど、侵襲性が高くなる懸念があった。

開発したかん子は、持ち手から先端までの部分がやわらかい素材でできているため、体内で自在に形状を曲げられる。食道や胃、大腸などに処置をする場合、内視鏡のように口や肛門からかん子を体内に入れ...

(残り:319文字/本文:719文字)

(2017/12/5 05:00)

Journagram→ Journagramとは

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる