[ 化学・金属・繊維 ]

超ハイテンも効率接合 JFEスチール、スポット溶接で新技術

(2017/12/5 05:00)

  • 車体部材の閉断面構造化

JFEスチールは4日、自動車の組み立て用に、超ハイテン(超高張力鋼)でも効率的に接合できる技術などスポット溶接で4種類の新技術を開発したと発表した。車体構造の設計における自由度が高まり、車体軽量化につながるとしている。

開発したのは(1)J―MACスポット溶接(2)パルススポット溶接(3)シングルサイドスポット溶接(4)インテリジェントスポット溶接―の4技術。J―MACはスポット溶接の溶接部が密集すると、鋼板を溶かすため通す電流が分散して発熱量が下がる問題に対処し、発熱量を最適化できる。パルスは超ハイテンのスポット溶接部の強度を確保するために使われてきた「テンパー通電法」に比べて通電時間が約半分で済み、工程時間を短縮できる。

シングルサイドは閉断面部材のスポット溶接で部材に穴を開けずに済み、インテリジェントは厚さや種類が違う鋼板を3枚接合する場合にも、溶接の品質を保てるという。

自動車の車体に超ハイテンを採用する例が増えたことで、スポット溶接の施工が難しくなり、車体の設計にも制約が生じていた。これらの技術の実用化で超ハイテンを含む鋼板の使い勝手を高める。

(2017/12/5 05:00)

化学・金属・繊維のニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン