[ エレクトロニクス ]

JOLED、印刷式有機ELを出荷−医療用モニター向け

(2017/12/6 05:00)

  • 会見する田窪CTO

JOLED(東京都千代田区、東入来信博社長、03・5280・1600)は5日、世界で初めて印刷式有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)ディスプレーの製品出荷を始めたと発表した。大きさは21・6型で、ソニーの医療用モニター向けに供給する。他の複数社との商談も進んでおり、順次、用途や顧客を広げる。

またテレビなどの大型パネル生産に使う、製造装置の開発を完了したと発表した。1―2年以内に生産ラインの構築など、生産プロセス開発にめどをつける。大型パネルでは他社との技術ライセンス契約による事業化を計画しており、すでに複数のパネルメーカーと交渉を始めたことを明かした。

会見した田窪米治最高技術責任者(CTO)は「小型から大型のパネルまで生産できるのが印刷方式の強み」と強調。「製品出荷を第一歩とし、有機EL製造の標準技術にしていきたい」と意気込んだ。

2019年からは中型パネルの本格量産を始める計画。ジャパンディスプレイの能美工場(石川県能美市)の活用を視野に、現在、計1000億円規模の第三者割当増資の実施に向け交渉していると説明した。田窪CTOは「18年3月末を最終期限として、なるべく早期に手続きを完了したい」とした。

(2017/12/6 05:00)

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる