[ エレクトロニクス ]

東芝、DeNAにバスケ売却 野球・ラグビーは継続

(2017/12/7 05:00)

  • Bリーグ川崎の運営権を東芝から引き継ぐことになり、写真に納まるDeNAの岡村信悟執行役員スポーツ事業本部長(左から2人目)、新設するクラブ運営会社社長に就く元沢伸夫氏(左端)。右から2人目は東芝の豊原正恭執行役上席常務(時事)

東芝は6日、プロバスケットボールチーム「川崎ブレイブサンダース」を運営するバスケットボール事業を、ディー・エヌ・エー(DeNA)に売却することで同社と基本合意したと発表した。2018年1月以降にDeNAが設置予定の「DeNAバスケットボール(仮称)」に承継する。売却額は18年7月1日時点で決定するが、300万円程度になる見込み。

スタッフ約10人の雇用はDeNAが引き継ぐ予定。16年にバスケットボールがプロ化されたが、東芝はプロチームの運営ノウハウがなかった。同日会見した東芝の豊原正恭執行役上席常務は「チームの発展にはDeNAのプロチーム運営ノウハウを生かすことが最適」と説明した。スポンサーは続ける方針。

ラグビー部・野球部も運営するが「従業員の士気高揚という福利厚生の観点から当面は継続する」(豊原執行役上席常務)とした。

(2017/12/7 05:00)

関連リンク

エレクトロニクスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!マシニングセンタ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!マシニングセンタ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

会社の“終活”読本
―社長のリタイア<売却・廃業>ガイド―

会社の“終活”読本 ―社長のリタイア<売却・廃業>ガイド―

わかる!使える!溶接入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!溶接入門 <基礎知識><段取り><実作業>

俯瞰図から見える 
日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

俯瞰図から見える 日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″
新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″ 新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

住みたい間取り
-自分でつくる快適空間-

住みたい間取り -自分でつくる快適空間-

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン