[ エレクトロニクス ]

【電子版】シャープ、東証1部復帰 1年4カ月ぶり

(2017/12/7 12:00)

  • 東証1部に復帰し、鐘を鳴らすシャープの戴正呉社長(7日午前、時事)

 東証は7日、シャープ株式の上場先を市場2部から1部に変更した。2016年8月の2部降格後、約1年4カ月でのスピード復帰となった。シャープは、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下でコスト削減など経営改善を進め、再建にめどを付けた。1部復帰で信用力を得て、今後は成長路線への転換を急ぐ。

 シャープは16年3月期連結決算で債務超過に陥り、東証ルールにより2部へ降格した。その後、鴻海傘下で債務超過を解消。鴻海出身の戴正呉社長の下、構造改革を進め、17年3月期に本業のもうけを示す営業損益が3年ぶりに黒字に転換。今年6月30日に東証に1部指定を申請した。

 1部に復帰した7日のシャープ株は前日比20円高の3905円で取引が始まった後、利益確定の売りに押され、45円安の3840円で午前の取引を終えた。

 戴社長は同日、東証で記者会見し、「1部復帰は一つの通過点」と強調。その上で、当面続投する考えを表明するとともに、次期社長育成のため共同最高経営責任者(CEO)体制への移行を検討することを明らかにした。(時事)

(2017/12/7 12:00)

エレクトロニクスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!マシニングセンタ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!マシニングセンタ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

会社の“終活”読本
―社長のリタイア<売却・廃業>ガイド―

会社の“終活”読本 ―社長のリタイア<売却・廃業>ガイド―

わかる!使える!溶接入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!溶接入門 <基礎知識><段取り><実作業>

俯瞰図から見える 
日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

俯瞰図から見える 日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″
新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″ 新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

住みたい間取り
-自分でつくる快適空間-

住みたい間取り -自分でつくる快適空間-

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン