[ 環境・エネルギー ]

水素発電のコスト削減 年1000万トン調達-政府が基本戦略

(2017/12/8 05:00)

政府が年内にも策定する「水素基本戦略」の概要が明らかになった。将来的な目安として発電容量1500万キロ―3000万キロワット程度に相当する年間500万―1000万トン程度の水素を調達し、水素発電コストを液化天然ガス(LNG)火力発電と同等に引き下げる。水素を大量消費する水素発電を広げる一方、未利用エネルギーなどから製造した水素を調達し、コストを下げる。需要と供給の好循環を回し、電力分野をテコに水素社会を実現する。

水素基本戦略は水素をカーボンフリーなエネルギーの新たな選択肢に位置付け、政府全体の施策を展開する基本方針。パリ協定を踏まえ2050年を視野に入れた道筋を描く。年内をめどに関係閣僚会議で決定する。国のエネルギー基本計画にも反映される見通しだ。

燃料電池車(FCV)や水素ステーションの台数、設置目標は据え置くが、普及に向けた規制改革の取り組み加速を明記する。また、欧米や中国、韓国...

(残り:350文字/本文:750文字)

(2017/12/8 05:00)

PR

環境・エネルギーのニュース一覧

おすすめコンテンツ

俯瞰図から見える 
日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

俯瞰図から見える 日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″
新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″ 新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

住みたい間取り
-自分でつくる快適空間-

住みたい間取り -自分でつくる快適空間-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいナノセルロースの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいナノセルロースの本

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか
重大事件から学ぶ失敗の教訓

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか 重大事件から学ぶ失敗の教訓

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい洗浄の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい洗浄の本 第2版

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン