[ 科学技術・大学 ]

車輪が砂地にはまっても…尺取り虫のように前進 芝浦工大が開発

(2017/12/8 05:00)

  • 砂地やぬかるみでも足をとられない走行システム

芝浦工業大学機械制御システム学科の飯塚浩二郎准教授は、砂地やぬかるみなどにはまり、車輪で動けなくなっても前進できる走行システムを開発した。前後のタイヤが砂やぬかるみに埋まっても、前輪と後輪の間隔を伸縮させ、“尺取り虫”のような動きで前進する。惑星探査機やレスキュー活動、雪上移動などでの活用を見込む。今後、走行評価やタイヤに起きている状況の解析などを行い、実用化を目指す。

砂やぬかるみに埋まり全輪駆動で進めなくなると、後輪を前輪の位置まで動かし、前輪をさらに前に動かす。車輪を回すのではなく、前後に動かすことで、移動が困難な軟弱地盤でも前進できる。

車輪を回すモーターのほか、前後に動かすモーターを一つ増やすだけでこうした動作ができ、低コストでの導入が可能となる。また沈下している方のタイヤ側に重りが移動する仕組みを追加すれば、さらにスムーズな動きができるという。

開発のきっかけは月・惑星探査ロボットの研究だが、さまざまな現場で活用が考えられるため、企業などとの共同研究を進める。

(2017/12/8 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

俯瞰図から見える 
日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

俯瞰図から見える 日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″
新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″ 新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

住みたい間取り
-自分でつくる快適空間-

住みたい間取り -自分でつくる快適空間-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいナノセルロースの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいナノセルロースの本

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか
重大事件から学ぶ失敗の教訓

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか 重大事件から学ぶ失敗の教訓

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい洗浄の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい洗浄の本 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン