[ 金融・商況 ]

損保各社、車保険2―3%下げ 事故率低下し収支改善

(2017/12/8 05:00)

  • 損保各社は自動車の事故率低下で収支が改善している(イメージ)

損害保険各社は2018年1月から自動車保険の保険料を平均2―3%引き下げる。自動車の事故率が低下し、保険収支が改善していることが要因。個人向けでは三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険が平均3・0%、東京海上日動火災保険が同2・8%、損保ジャパン日本興亜が同2・0%引き下げ。新車の割引き率も拡大し、新規顧客獲得につなげる。

自動車を複数台保有する企業向けでは三井住友海上が平均2・2%、あいおいニッセイ同和が同2・9%引き下げ。他の2社が値下げを見送るなか価格競争力を武器にシェア拡大を狙う。そのほか東京海上日動は認知症患者の親族ら監督義務者を補償対象に追加。契約者の高齢化に対応しサービスを向上する。

(2017/12/8 05:00)

金融・商況のニュース一覧

おすすめコンテンツ

会社は生き返る
カリスマドクターによる中小企業再生の記録

会社は生き返る カリスマドクターによる中小企業再生の記録

わかる!使える!NC旋盤入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!NC旋盤入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ムダをなくして利益を生み出す 
食品工場の生産管理
第2版

ムダをなくして利益を生み出す 食品工場の生産管理 第2版

あたらしいアンチエイジングスキンケア
食事、入浴、運動、睡眠からのアプローチ

あたらしいアンチエイジングスキンケア 食事、入浴、運動、睡眠からのアプローチ

わかる!使える!研削加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!研削加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!本気の製造業「管理会計」実践マニュアル
経営カイゼン(コストダウン、在庫管理、原価計算)にしっかり取り組む

図解!本気の製造業「管理会計」実践マニュアル 経営カイゼン(コストダウン、在庫管理、原価計算)にしっかり取り組む

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン