[ オピニオン ]

産業春秋/あいうべ体操をご一緒に

(2017/12/12 05:00)

「あいうべ体操」を始めた。その名の通り口を「あ・い・う」と大きく開け、最後に「べー」と舌を出すのがポイントである。舌の筋肉が強くなり、健康リスクを高めるとされる口呼吸の矯正に役立つという。表情が豊かになる効果も期待できるのだとか。

ここ数年、人の表情に関する研究が盛んだ。サービスロボットの実用化が急速に進んでいることが背景にある。トヨタ自動車の小型ロボット「キロボミニ」は表情を読み取って人の感情を推定する。

人とロボットの対話を円滑にするためには、表情に関する研究が欠かせない。三菱電機の研究者によると、表情は「喜び」「驚き」「恐怖」「嫌悪」「怒り」「悲しみ」「無」という七つが代表的な区分けだという。

ただ実際にはもっと多様で捉えがたい。「憂い顔」「したり顔」はまだ分かりやすいが、相手の「目が笑っていない」表情に気付かず、ばつの悪い思いをした経験のある人もいよう。

日本人は欧米人と比べて表情に乏しいといわれる。奥ゆかしさは美徳ではあるが、表情研究の遅れにつながるというのは過剰な心配だろうか。ともあれ表情豊かにロボットと対話し、共存していきたいものだ。さあ皆さんもご一緒に「あいうべ〜」。

(2017/12/12 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる