[ 科学技術・大学 ]

日英、宇宙ゴミ対策で協力 民間企業の参入促し産業化

(2017/12/13 05:00)

  • 宇宙ゴミ除去の要素技術の検証に利用した「こうのとり6号機」(JAXA/NASA提供)

日本と英国はロケットや人工衛星の残骸から発生した「宇宙ゴミ(スペースデブリ)」対策で協力する。情報交換や企業間連携を深め、宇宙ゴミ対策に有効な技術開発の促進やビジネスモデル創出を目指す。宇宙ゴミ除去事業に参入する企業を増やし、産業化する狙いだ。地球の周りを回る宇宙ゴミの数は億から兆とも言われ、宇宙開発の妨げになっている。

13日に両政府関係者が出席し「日英産業政策対話」を開催。宇宙産業協力に関するMOU(覚書)を結ぶ。政策対話は今年8月に開いた日英首脳会談での合意に基づき開催するもので、宇宙や航空機、エネルギー、気象変動などの分野で協力を推進する。

宇宙ゴミ増加は国際問題になっており、欧米を中心に研究開発が進む。日本発の宇宙ベンチャーであるアストロスケール(シンガポール)が宇宙航空研究開発機構(JAXA)と宇宙ゴミ除去に向けた共同研究開発契約を結ぶなど、日本も力を入れている。日英の知見を持ち寄り、宇宙ゴミ対策をリードする。

(2017/12/13 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる