[ 地域経済 ]

横浜市の救急需要、2030年に1.3倍増 市立大・消防局が予測

(2017/12/18 05:00)

【横浜】横浜市立大学と横浜市消防局は、7月から共同研究を進めてきたデータサイエンスの手法を用いた将来の救急需要予測について研究結果をまとめた。横浜市では高齢者の救急搬送が増加傾向にあり、2030年の救急出場件数は15年の1・36倍となる24万件超に達する見込み。事故種別では、交通事故での救急出場は減少し、急病や一般負傷が増加していく。

横浜市消防局の保有する15年間分の救急搬送記録や将来の市内人口推計などを加味し、30年までの年間の出場件数などを予測。行政区別では、これまで中区が10年以上最高出場件数を記録してきたが、高齢化率が高く区内人口も多い戸塚区、港北区などが追い越すことが予想される。

今後も共同研究を継続するほか、研究結果のオープンデータ化による救急広報活動などの公民連携事業や、需要の増加に対応できる救急体制を検討する。

(2017/12/18 05:00)

中小企業・地域経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

  • 2020/07/13

    本日13日は新聞休刊日のため、電子版も朝刊記事の更新はありません。ご了承ください。

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる