[ ロボット ]

ロボット相撲世界大会、日本チームが自立・ラジコン型で4位

(2017/12/20 05:00)

  • 土俵上で戦うロボット

富士ソフトが主催するロボット相撲の全国・世界大会が東京・両国の国技館で開かれ、世界大会の自立型、ラジコン型ともに日本のチームが4位に入賞した。自立型はポーランド、ラジコン型はメキシコのチームが優勝した。

世界大会は4回目。また大会委員長の野澤宏富士ソフト会長は開会式で、次回から世界大会と全国大会を統合すると発表した。

ロボット相撲は自立型とラジコン型の2種類あり、双方ロボットの大きさが幅20センチメートル以内、重量3キログラム以下が決まり。3本勝負で相手を直径154センチメートルの鉄製土俵の外に押し出して勝敗を決める。

全国大会は年1回開催で29回目。上位がそのまま日本代表として同日の世界大会に参加する形式となる。自立型は「NITζωn(西日本工業大学マルす部屋所属)」、ラジコン型は「ラインスピア(MTY―OBs所属)」が優勝した。世界選手権では両チームとも4位だった。

大会当日の17日は、海外25カ国から選手や応援団が詰めかけ、会場はにぎわいをみせていた。野澤委員長は大会統合の理由を「海外チームのレベルが上がり、同じ大会で戦う方が良い」と説明した。次回は30回の記念大会として特別イベントなどを行う考えという。

(2017/12/20 05:00)

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる