[ 科学技術・大学 ]

排尿時刻・量をIoT管理 富山大など、健診支援へ後付け型開発

(2017/12/20 05:00)

  • 温度センサーなどを搭載した便座

【富山】富山大学などの研究グループは、トイレの既存の便器に“後付け”して、尿の排せつ時刻や排せつ量を非接触で測定、そのデータをIoT(モノのインターネット)で蓄積するクラウドネットワークシステムを開発した。「排尿のビッグデータ(大量データ)」を分析し、健康管理や病気の診断支援をする仕組みの構築を目指す。富山大学付属病院(富山市)で実証実験を始めた。2―3年後をめどに製品化を進める。

NECソリューションイノベータ(東京都江東区)、リッチェル(富山市)と共同で開発した。温度センサーなどを内蔵した便座を既存の便器に後付けし、センサーで測定する排尿の放射熱から、排尿量を測定する仕組み。排尿時刻と排尿量について、IoTを通してクラウドに送ってビッグデータ化する。

今後、トイレに設置する床振動センサーで、排尿前の歩行時の振動の特徴から、個人識別をする仕組みの開発も進める。

これにより複数の人間が利用する病院や介護施設などのトイレでも、個人ごとの排尿のデータが集められるようにする。

(2017/12/20 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる