[ 政治・経済 ]

米、中国の知財侵害に危機感−TPP代案は示さず

(2017/12/20 05:00)

  • 18日、ワシントンで「国家安全保障戦略」の公表に当たり演説するトランプ米大統領(EPA=時事)

【ワシントン=時事】トランプ米政権は18日発表した国家安全保障戦略で、中国による知的財産権侵害に危機感を示し、米国の知財、先端技術の保護を優先政策に掲げた。また「自由で公正、互恵的な経済関係を追求する」とあらためて訴えたが、離脱した環太平洋連携協定(TPP)に代わる具体的な措置は示さなかった。

戦略は「中国のような競合勢力が、巨額の価値がある米国の知財を盗んでいる」と明記。技術取得を目的とした中国企業による米企業の買収などを問題視し、外国企業の投資を安保面で審査する米政府の「対米外国投資委員会」(CFIUS)の機能強化を課題に据えた。

トランプ大統領は戦略発表に際し「米国は雇用を奪うTPPから離脱した。もはや他国の不公正な貿易措置を容認しない」と強調した。

しかし、中国の台頭に対応する地域的な枠組みなどには言及しなかった。

(2017/12/20 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる