[ 科学技術・大学 ]

工学院大、航空・宇宙の2専攻新設 19年4月

(2017/12/21 05:00)

  • 会見でパネルを手にする佐藤光史学長(中央)、長野啓文大阪航空副社長(右から2人目)、大澤一朗本田航空執行役員(左から2人目)

工学院大学は、2019年4月に先進工学部で航空・宇宙の2専攻を新設する。「航空理工学専攻」はパイロット資格取得と機械工学を学ぶことで、“エンジニアパイロット”を育成する。同大独自の留学制度や、日米のフライトスクールとの連携で、費用負担抑制と4年間で可能なプログラムを実現した。「宇宙物理学専攻」は、学生の宇宙や素粒子の探求と、伸長が予想される宇宙産業での就職を両立させる。

航空の専攻は、同学部機械理工学科に開設。学生は同学科のカリキュラムと並行して、プロペラ機やヘリコプターの操縦技術を学ぶ。eラーニングに次いで、米国での訓練で自家用の操縦資格が取得できる。

語学力が不十分な学生にも対応する同大の「ハイブリッド留学」で、留年せずに実施できるという。

さらに、航空会社のパイロットを目指す場合は、卒業後に国内フライトスクールで1年弱の訓練を受けて、事業用の資格を取得する。本田航空(埼玉県川島町)、大阪航空(大阪府八尾市)で受け入れる仕組みを整備した。

学生は柔軟に資格を選べるほか、同学科で学ぶことでエンジニアとしても就職できる。学科定員65人中15―20人が新専攻に回る見込みだ。

一方、宇宙の専攻は同学部応用物理学科に開設。惑星科学や素粒子の一つニュートリノ、重力波観測などの宇宙・天文学と、産業につながる応用物理学の両方を学ぶ。理学・工学の素養を持って宇宙産業で活躍する人材を育てていく。

(2017/12/21 05:00)

大学・産学連携のニュース一覧

おすすめコンテンツ

入門 物流現場の平準化とカイゼン
ムダ・ムリ・ムラをなくし、物流(倉庫)作業を効率化!

入門 物流現場の平準化とカイゼン ムダ・ムリ・ムラをなくし、物流(倉庫)作業を効率化!

認知症家族に寄り添う 
介護しやすい家づくり
みんなが心地よく過ごせる間取りとリフォームのヒント

認知症家族に寄り添う 介護しやすい家づくり みんなが心地よく過ごせる間取りとリフォームのヒント

本当に実務に役立つ 
プリント配線板のエッチング技術
第2版

本当に実務に役立つ プリント配線板のエッチング技術 第2版

スマートシンキングで進める工場変革
つながる製造業の現場改善とITカイゼン

スマートシンキングで進める工場変革 つながる製造業の現場改善とITカイゼン

液相からの結晶成長入門
育成技術と評価方法

液相からの結晶成長入門 育成技術と評価方法

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる