[ オピニオン ]

社説/2018年度政府予算案−政権の安定が税収増につながる

(2017/12/25 05:00)

一般会計の税収が59兆790億円と、過去3番目の規模を見込むことが予算案の最大の特徴だ。歩みは遅いが、日本経済が少しずつ力をつけていることの現れとして受け止めたい。

2018年度政府予算案は「人づくり革命」「生産性革命」を重点政策に掲げ、子育て世帯の負担軽減や、産業界が提唱する将来ビジョン「ソサエティー5・0」の実現などを打ち出した。ただ同時に策定した17年度補正で手当てしたものも多い。

主要経費別の内訳を見ると、経済協力費や中小企業対策費、エネルギー対策費などは軒並み前年度当初予算比マイナス。自然増が主要因である社会保障関係費1・5%は同プラスだが、薬価の引き下げで伸びを圧縮するなど、当局が厳しく査定したことがうかがえる。

そうした中で、防衛関係費が同1・3%増と大きな伸びを示したことには注意が必要だ。今後は、防衛費が日本の科学技術や産業育成に使われているかどうかを、これまで以上に監視する必要が生じよう。

予算の全体像に戻れば、歳入のうち借金に頼る割合を示す公債依存度は同0・8ポイント減の34・5%まで圧縮した。これはリーマン・ショック前の07年度予算の31・0%には及ばないものの低下傾向にある。

日本の財政は、01年から06年まで5年間にわたる小泉純一郎政権下で大きく改善した。公債依存度31・0%は、この長期政権の成果だ。その後のリーマン・ショックで再び大幅に悪化。安倍晋三政権下で、ゆっくりと回復している。だが、その速度は前例に比べて極めて遅い。経済政策「アベノミクス」の方向性は正しいが、十分な効果をあげていないためだ。

長期安定政権が一貫した政策を続けることが経済の持続的発展につながり、結果的に税収を増やす。産業界は、この流れを歓迎している。しかし同じ産業界の中からも日本再興戦略の遅れに対する批判が聞かれる。年明け以降、政府が予算を早期に成立させ、生産性革命などの政策を着実に進めることで財政再建に近づきたい。

(2017/12/25 05:00)

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる