[ 商社・流通・サービス ]

日本郵船、模擬操船で衝突リスク指標化

(2017/12/27 05:00)

日本郵船は26日、船舶の安全運航のため衝突リスクを指標化する取り組みを公開した。現役船長らが陸上の操船シミュレーター(写真)を使い、リスクの高い環境下で模擬操船し、実施後に危険認知などの判断要因をヒアリング調査。得られたデータを衝突リスクの指標化に反映させる。

郵船グループと航海機器3社などが参加。船には衝突回避警報のアルゴリズムを搭載しているが機械的な基準で、船長の危険認識とはズレが生じていた。経験豊富な船長の肌感覚を採り入れて、実効性を高めるのが狙い。

2019年度にも実際の船に搭載し、経験を機械で補い衝突事故の半減を狙う。

(2017/12/27 05:00)

建設・エネルギー・生活のニュース一覧

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる