[ 政治・経済 ]

【電子版】北朝鮮、仮想通貨採掘でハッキング 韓国チームが分析

(2018/1/2 23:30)

(ブルームバーグ)北朝鮮のハッカーが仮想通貨マイニング(採掘)を目的にコンピューターを乗っ取っている。国際社会から制裁強化の圧力を受けて、北朝鮮が現金獲得への動きを強めているいることが背景。

韓国の金融保安院(FSI)でハッキング分析チームを率いるクァク・キョンジュ氏によると、アンダリエルという名称の部隊が昨年夏に韓国企業1社のサーバーをハッキングし、仮想通貨モネロ約70枚の採掘に利用した。それらの価値は12月29日時点で2万5000ドル(約282万円)相当だったという。

北朝鮮が資金源となるデジタル通貨の獲得に向けサイバー攻撃の機会を一段とうかがっていることが、今回のケースから浮き彫りになる。クァク氏は「アンダリエルはこのところ、現金を生むものは何でも得ようとしている。ちりも積もれば山だ」と述べた。同部隊は仮想通貨マイニングで他のコンピューターをハッキングした可能性もあるという。また、モネロが選好されたのは、ビットコインよりも匿名性が高く、資金洗浄しやすいためではないかとの見方も同氏は示した。

原題:North Korean Hackers Hijack Computers to Mine Cryptocurrencies(抜粋)

(2018/1/2 23:30)

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン