[ オピニオン ]

産業春秋/未踏の地「リュウグウ」

(2018/1/9 05:00)

ことし楽しみな科学技術上の挑戦の一つが宇宙探査機『はやぶさ2』だ。目的地の小惑星『リュウグウ』に向け、近くイオンエンジン噴射を再開する。6―7月の到着まで半年間の長期運転は「決して楽観できない」と、宇宙航空研究開発機構ミッションマネージャの吉川真さん。

初代は「こんなこともあろうかと」という事前準備で困難を乗り越えて帰還を果たした。2代目の目的地は地形も自転状況も不明で、初代以上に手探りなのだとか。

深宇宙から届くデータを元に、科学的価値と安全性を両立させつつ、試料の採取と小型着陸機の降下点を短期間で決めなければならない。運営チームは昨年のうちに仮想小惑星『リュウゴイド』を設定し、入念に訓練をした。

この時は「スノウホワイト」と名付けた大きめの砂地をタッチダウン地点に選定した。命名者はプロジェクトサイエンティストで名古屋大学大学院教授の渡辺誠一郎さん。七つの小クレーターに囲まれた様子が「白雪姫のようだなと思って…」と、はにかみながら打ち明ける。

当然、本番では使わない地名だ。ロマンチストの科学者はどんな名をつけて未踏の地に挑むか。『リュウグウ』だけに白雪姫ではなく、乙姫をお勧めしたい。

(2018/1/9 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド
一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド 一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる