[ 科学技術・大学 ]

配管調査ロボ、曲がる方向を自動識別 立命館大が開発(動画あり)

(2018/1/10 05:00)


立命館大学提供

立命館大学理工学部の馬書根教授と加古川篤助教らは、配管の調査ロボットが配管の曲がる方向を識別して身体の向きを自動修正する技術を開発した。カメラと照明の視差と影を利用することで、曲管の方向を判定する。ロボットが曲管にあわせて回転するため、操縦者は前後進を入力するだけで配管内を走行できる。配管の掃除や点検などのメンテナンスに応用していく。

視差と影で曲がり方向を判定する技術をロボットに応用した。照明とカメラを並べて、照明側に配管が曲がっている場合、カメラから見ると曲がり方向に影ができる。反対にカメラ側に曲がっていると影はできない。ロボットの屈曲方向にカメラを配置すると、影がない時に曲管の方向とロボットの屈曲方向が一致する仕組みだ。

ロボットは、影がなくなるまで自動で回転するシンプルなプログラムで曲管に対応できる。操縦者は配管を見て確かめて調整する必要がない。前後進の入力だけで済むため初心者...

(残り:153文字/本文:553文字)

(2018/1/10 05:00)

PR

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!3Dプリンター入門
<基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!3Dプリンター入門 <基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!油圧入門
<基礎知識><段取り><回路設計>

わかる!使える!油圧入門 <基礎知識><段取り><回路設計>

PPP-PFI事業提案書の作り方 
プロが教える 発注者に評価されるテクニック

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいブロックチェーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいブロックチェーンの本

公共IoT
地域を創るIoT投資

公共IoT 地域を創るIoT投資

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアルゴリズムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアルゴリズムの本

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン