[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】ステルス機F35A、国産初号機が米国で機体最終確認

(2018/1/11 13:30)

三沢基地上空を飛行する、三菱重工で組み立てられたステルス戦闘機F35Aの国産初号機(17年11月、米空軍提供 時事)三沢基地(青森県)上空を飛行する、三菱重工で組み立てられたステルス戦闘機F35Aの国産初号機(17年11月、米空軍提供 時事)

三菱重工が担当、昨年11月に米本土へ飛行

 三菱重工業で組み立てられた最新鋭ステルス戦闘機F35Aの国産初号機が昨年11月に三沢基地(青森県)を経由して太平洋を横断し、米本土に飛行した。日本で生産された機体が規格を満たしているか米国で最終確認するのが目的。防衛省はF35を42機調達する計画で、空自に2017年度末から順次配備する。

 初号機は米本土で点検後、アリゾナ州のルーク空軍基地に移動し、現地に派遣されている航空自衛隊パイロットの操縦訓練に使用される。

 在日米軍や防衛省によると、三菱重工の小牧南工場(愛知県豊山町)で組み立てられたF35初号機は、安全確認のため昨年11月2日に三沢基地に立ち寄り、同6日に離陸。空中給油を受けて太平洋を横断し、米メリーランド州にあるパタクセントリバー海軍基地に到着した。米軍のパイロットが操縦した。

 F35開発の中心となっている米ロッキードマーチン社で生産されている機体と同等の規格を満たしているか、国防総省国防契約管理局が確認作業を進めている。

 米本土での機体の仕上がり状況の確認は初号機のみが対象となる。(時事)

(2018/1/11 13:30)

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術大全シリーズ 
ドライプロセス表面処理大全

技術大全シリーズ ドライプロセス表面処理大全

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゲノム編集の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゲノム編集の本

おもしろサイエンス 
地形の科学

おもしろサイエンス 地形の科学

太陽光発電のスマート基幹電源化
IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

太陽光発電のスマート基幹電源化 IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

SDGs経営
“社会課題解決”が企業を成長させる

SDGs経営 “社会課題解決”が企業を成長させる

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン