[ ロボット ]

ユニロボット、個人向け対話ロボ発売 AI・深層学習で会話上達

(2018/1/12 05:00)

ユニロボット(東京都渋谷区、酒井拓社長、03・6276・6107)は、コミュニケーションロボット「unibo(ユニボ)=写真」について、個人向け機種を12日に発売する。高齢者のいる家庭向けに、認知症防止や家族間のコミュニケーション機会の向上などを狙う。ユニボは2017年10月に介護・医療施設やホテルなど、法人向けに販売を始めた。本体の希望小売価格は消費税抜きで15万8000円。

個人向けのユニボは会話エンジンを充実させ、ユニボから話しかけてくれる機能を追加した。インターネットに接続し、独自の人工知能(AI)やディープラーニング(深層学習)による自然言語処理を行う。顔認証機能も搭載している。日常会話を学習することによって、利用者個人の趣味嗜好(しこう)に合わせた情報の提供などが可能となる。

ビデオ・音声通話やスケジュールなどが基本機能として搭載される他、専用の開発キット「スキルクリエイター」を使用し、機能拡張が可能。家電スイッチなど外部デバイスやクラウドサービスと連携できる。サービスは毎月順次拡充する。

(2018/1/12 05:00)

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士(第一次・第二次)試験 
「電気電子部門」受験必修テキスト
第4版

技術士(第一次・第二次)試験 「電気電子部門」受験必修テキスト 第4版

技術士第二次試験 
「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 
「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第5版

技術士第二次試験 「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第5版

技術士第二次試験 
「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいNC旋盤の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいNC旋盤の本

2020年度版 
技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2020年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる