[ ICT ]

AI関連のG検定、第1回は合格率56.8% 日本ディープラーニング協会

(2018/1/12 05:00)

日本ディープラーニング協会(JDLA)は、1回目となる人工知能(AI)関連の資格試験である2017年度ジェネラリスト(G)検定(2017年12月16日実施)の結果を公開した。受験者数は1448人。合格者は823人で合格率は56・8%だった。次回のG検定は6月を予定する。

G検定はAI技術のディープラーニング(深層学習)を事業に生かすための知識を有しているかをオンライン形式で試験する。申込者の内訳を見ると、年代別では30代が549人と最も多く、40代の390人、20代の340人と続いた。業種別ではIT、システムエンジニア、開発、運用系が862人と最多だった。機械、電気、電子系の122人、企画、マーケティング、経営系の117人が100人を超えた。

JDLAは深層学習に関する知識を持ち、適切な活用方針を決定して事業に応用できる能力を持つ人材をジェネラリストと定義している。20年までに10万人規模のジェネラリスト人材の輩出を目指している。

(2018/1/12 05:00)

ICTのニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術大全シリーズ 
ドライプロセス表面処理大全

技術大全シリーズ ドライプロセス表面処理大全

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゲノム編集の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゲノム編集の本

おもしろサイエンス 
地形の科学

おもしろサイエンス 地形の科学

太陽光発電のスマート基幹電源化
IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

太陽光発電のスマート基幹電源化 IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

SDGs経営
“社会課題解決”が企業を成長させる

SDGs経営 “社会課題解決”が企業を成長させる

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン