[ 自動車・輸送機 ]

ヤマハ発、「CES」に初出展 路面認識し位置を特定する自動運転システム

(2018/1/12 05:00)

【米ラスベガス=杉本要】ヤマハ発動機は米国で開催中の家電・IT見本市「CES」に初出展し、リゾート施設やゴルフ場などの限定空間で完全自動運転を実現する移動システム「パブリック・パーソナル・モビリティー=写真」を公開した。地面のアスファルトなどの模様をカメラで読み取って自動走行するシステムで、米国の研究所と連携して開発を進めている。早ければ年内にも実証実験を始める考えだ。

車両は同社のゴルフカートをベースとし、時速20キロメートル以下の低速で走行する。路面の画像を認識して自車位置を特定するため、低コストで自動運転を実現できる。周囲数キロメートル以内の限定された空間での利用を見込む。

実用化に向けては米サウスウェスト・リサーチ・インスティテュート(テキサス州)と連携する。自動運転サービス事業者との協業も検討していく。ヤマハ発動機はこれまで電磁誘導式の自動運転技術を中心に開発し、実証を続けてきた。

(2018/1/12 05:00)

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン