[ 自動車・輸送機 ]

アウディジャパン、今年の販売目標を3万台−新型「A8」など投入

(2018/1/12 05:00)

アウディジャパン(東京都品川区、斎藤徹社長、03・5475・6309)は11日、2018年の販売台数目標を3万台に設定したと発表した。実現すれば14年以来となる3万台超えとなる。部分的な自動運転機能を搭載した高級セダン「A8」投入や、メンテナンスサービスの拡充などを通じて達成を目指す。

「日本で成長できる基盤をつくりあげる」と斎藤社長は抱負を述べた(写真)。新型「A8」は年央に発売する予定。同車は世界で初めて条件付き自動運転「レベル3」に対応したモデルとして注目を集めている。日本仕様は法規などの関係上、駐車場に自動で入る「パーキングパイロット」などレベル2の技術を盛り込む。高級乗用車の「A7」や「A6」も国内に投入する予定。

新規顧客を獲得するため、点検や部品・消耗品の交換に応じるメンテナンスサービス「アウディフリーウェイプラス」の廉価版の提供も計画している。また20年までに国内で電動車「イートロン」を導入すべくスタッフの育成に取り組む。

17年の販売台数は競争激化などで前年比0・6%減の2万8336台だった。新車販売は14年に3万1413台と過去最高を更新して以降減少している。

(2018/1/12 05:00)

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン