[ 人物 ]

【電子版】商工中金社長に関根氏、プリンスホテル常務

(2018/1/12 13:30)

  • 関根氏(時事)

政府は12日の閣議で、商工中金の次期社長に、関根正裕プリンスホテル常務が就任する人事を了解した。商工中金の臨時株主総会を経て3月27日付で就任する。危機対応融資の不正発覚を受け、元経済産業事務次官の安達健祐社長は辞任の意向を表明していた。

関根氏はみずほフィナンシャルグループ出身。民間企業で経営企画などを担当した経験を生かし、商工中金の経営立て直しを図る。

世耕弘成経産相は12日の閣議後会見で、関根氏について「金融のプロとして実務に精通し、地域密着型の企業立て直しのプロとして商工中金の解体的出直しを託すのにふさわしい人物だ」と述べた。

商工中金のトップは長らく通商産業省(現経産省)OBの指定席だった。株式会社化された2008年に新日本製鉄(現新日鉄住金)出身の関哲夫氏が就任したが、13年からは天下りが復活していた。

商工中金は危機対応融資で約4600件に上る不正を繰り返していたことが発覚。昨年、関係省庁から業務改善命令を2度受けた。経産省の有識者会議は11日、4年後に完全民営化の可否を判断するよう国に提言した。

【略歴】関根正裕氏(せきね・まさひろ)早大政経卒。81年第一勧業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)入行。みずほ銀行広報室長などを経て、07年西武鉄道に入社。09年6月プリンスホテル取締役を経て10年6月常務。東京都出身、60歳。

(時事)

(2018/1/12 13:30)

人物のニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン