[ エレクトロニクス ]

【電子版】東芝、WH破綻債務の支払い完了 スキャナに残額一括返済

(2018/1/12 15:30)

  • 東芝は昨年末に米サザン電力分も返済しており、WH破綻に伴う債務支払いはこれで全て完了した

 東芝は12日、子会社だった米原発大手ウェスチングハウス(WH)の経営破綻に伴い、米スキャナ電力に対して負っていた債務保証の残額18億6050万ドル(約2102億円)を一括返済したと発表した。既に支払い済みの280億円と合わせ、同電力に絡む保証債務は完済。昨年12月には米サザン電力分も返済しており、WH破綻に伴う債務の支払いは全て完了した。

 WHは、米国でスキャナ電力とサザン電力から計4基の原発建設を受注していたが、昨年3月末に経営破綻したため親会社の東芝に債務保証の義務が生じていた。WH破綻に伴う東芝の支払額は計6505億円に達した。

 今後、東芝は保証債務の支払い完了を受けて、自らが持つWHへの債権売却を進めることで税負担を軽減。今年3月末までに負債が資産を上回る債務超過から脱却する見通しだ。(時事)

(2018/1/12 15:30)

エレクトロニクスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン