[ オピニオン ]

産業春秋/機械遺産

(2018/1/15 05:00)

今年は人工知能(AI)、IoT(モノのインターネット)、自動運転、ビッグデータ解析などが生活を快適にし、仕事の能率を向上させてくれる年になりそうだ。文字通りの超スマート社会が本格的に到来する。

日本機械学会が2007年に110周年記念事業として始めた「機械遺産」の認定が、昨年までに90件に達した。10周年を記念し、これを紹介する「機械遺産でたどる機械技術史」を刊行した。

江戸時代の旧峯岸水車場、からくり人形・弓曳き童子、万年時鳴鐘などから始まり、蒸気機関、電化・内燃化、高度経済成長、電子制御化とそれぞれの時代を演出した機械が紹介されている。

「日本の近代化を牽引したのは機械と機械技術に他ならない」と同書は記す。西洋文明を取り入れ、世界有数の工業国となった原動力は、優れた機械技術とそれが生み出した機械であり、機械がつくりだした多様な製品であることは論をまたない。

超スマート社会を実現する核となるのは、電子デバイスやコンピューター、通信機器だが、これらをつくるのは機械である。日本が超スマート社会で世界をリードするためには、これまで以上に機械技術の高度化と機械産業の振興が欠かせないだろう。

(2018/1/15 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる