[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】フィアットCEO、5年内に利益倍増は可能 「Jeep」で勝負

(2018/1/15 13:00)

  • FCAは「ジープ」ブランドで世界のSUV市場を席巻し利益倍増を狙う(ブルームバーグ)

SUVの5台に1台をジープにする!

 自動車メーカーのフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)のセルジオ・マルキオンネ最高経営責任者(CEO)は、「ジープ」ブランドの潜在力を掘り起こすことにより、5年以内に利益を倍増させられるとの見通しを示した。

 ジープは米減税で懐が潤う消費者に人気のブランドで、世界のスポーツタイプ多目的車(SUV)市場でシェア最大20%を得る見通しだが、この戦略を実行するのはマルキオンネCEOの後継者になりそうだ。同CEOは14日開幕した北米国際自動車ショーに先立ちデトロイトで独占インタビューに応じ、2019年の早い時期に退任し、補佐役の一人を後継者にする考えに変わりはないと述べた。

  • ジープは米減税で懐が潤う消費者に人気のブランドだ(ブルームバーグ)

 14年にクライスラーとの合併を実現させ、破綻寸前だったフィアットを世界的自動車メーカーへと成長させたマルキオンネCEOは、「SUVの5台に1台をジープにすることは不可能だとする根拠は存在しない」と言明。市場シェア20%は年間約500万台納車に相当する。

 同CEOはその上で、ジープのシェアが20%になれば、「収益性は現在の数倍にもなり」、22年までに利益を2倍とすることは「可能」だと語った。また米減税により利益がさらに年約10億ドル(約1110億円)押し上げられ得るとも説明した。

 FCAの17年通期調整後利払い・税引き前利益(EBIT)の目標レンジ下限は70億ユーロ(約9460億円)。(ブルームバーグ)

(2018/1/15 13:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる