[ オピニオン ]

産業春秋/こんぴら狗

(2018/1/16 05:00)

「こんぴらさん」として親しまれる香川県琴平町の金刀比羅宮を参拝した。大抵の社寺は境内への動物の立ち入りを禁じているが、ここでは飼い主と785段の石段を登ってきた“今年の干支(えと)”たちに出会える。

境内には「金比羅参り」と書かれた袋を首にぶら下げた犬の銅像が鎮座している。江戸時代に「お伊勢参り」とともに「こんぴら参り」が盛んになるが、新幹線も瀬戸大橋もない当時のこと。江戸周辺から訪れるには長い時間と体力が求められた。

参拝が難しかった庶民は、自分の名前や住所を書いた木札や初穂料、道中の餌代を入れた袋を愛犬の首にくくりつけ、旅人に託して代参させたという。代参を果たした犬は「こんぴら狗(いぬ)」とたたえられた。現在も犬同伴の参拝が許されるゆえんだ。

金刀比羅宮の祭神は五穀豊穣(ほうじょう)や海上安全の神様である大物主。平安時代以降は仏教の水の守護神で、サンスクリット語のインド・ガンジス川に棲むワニを神格化したクンピーラ(金比羅)と結び付き「こんぴら」さんと呼ばれるようになる。

♪金比羅船々 追風(おいて)に帆かけてシュラシュシュシュ。船に揺られてワニの神様にお参りすると事前に分かっていたら、さすがの忠犬も尻込みしたことだろう。

(2018/1/16 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる