[ 建設・住宅・生活 ]

桟橋劣化、無線式無人小型ボートで調査・診断 五洋建設

(2018/1/17 05:00)

五洋建設は16日、桟橋下面の劣化状況を無人で調査して、診断できるシステムを開発したと発表した。無線操縦で無人小型ボート(写真)を桟橋下面に航行させ、カメラで劣化状況を撮影。画像を3次元(3D)化し、劣化度を自動診断できる。

従来の目視に比べて約2・5倍の速さで現地調査できる。顧客に桟橋の効率的な維持・管理を提案する。

無人小型ボート「無線式LANボート(仮称)」は、長さ2・2×幅1・1×高さ0・65メートル。波の揺れがあってもカメラ撮影できるように動揺抑制装置を搭載した。撮影画像を伝送できる。

画像から3Dモデルを作製。専用ソフトウエアを用いて、コンクリートのひび割れ密度や剥落面積の有無、鉄筋の露出面積の割合などを判定し、劣化度を診断する。

3Dモデル化により、劣化位置を特定でき、経年変化を容易に比較できる。システムのコストは有人調査と同等程度。

(2018/1/17 05:00)

建設・エネルギー・生活1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる