[ オピニオン ]

社説/SDGs3年目−市場予測に活用し新事業を創出せよ

(2018/1/17 05:00)

国連が定めた2030年目標「持続可能な開発目標(SDGs)」への取り組みを宣言する企業が増えている。ブームで終わらせないために、SDGsを市場予測に活用し、技術革新や新規事業の創出につなげたい。

SDGsは社会、経済、環境の課題を解決した「理想の世界像」をまとめたものだ。貧困、食糧、気候変動、災害対策など17分野にわたる目標がある。16年1月にスタートし、18年で3年目に入った。

日本では昨年から急速に認知されるようになった。達成への貢献を報告書に記載したり、自社のウェブサイトで発信したりする企業が目立つ。

受け入れられた理由はいくかある。まず、経営理念の再確認に使えること。SDGsは、国際社会が解決が必要と認識した課題をまとめたものだ。理念が17の目標のどれかと一致していると、自社の存在意義を社外に伝えやすくなる。

誰もが参加できる点も大きい。普段の業務が目標に当てはまることが多く、新たな活動を始めなくても良い。国連広報センターの根本かおる所長は「17個も入り口(目標)があるので参加しやすい」と表現する。

今は理念や事業とSDGsの関係を整理した段階であり、次は経営戦略に反映する番だ。目標12(消費・生産)にある「食品廃棄を半減」は、AIを使った需要予測による食べ残しの削減、目標13(気候変動)の「自然災害からの復元力強化」は、防災ビジネスの広がりを予想させる。

目標17「パートナーシップ」も意識したい。地方創生に取り組む自治体との連携、途上国で活躍するNGOとの協業など、従来にない相手との協力関係がニーズを知るきっかけとなり、そこから新規事業が生まれる。

SDGsを読みこなすと、事業の将来性を検討できる。投資家にも自社の将来性を発信できるようになる。

「事業を通した社会貢献」を経営理念に掲げる企業は多い。SDGsを参考に、本業の強みを生かした貢献に磨きをかけてほしい。

(2018/1/17 05:00)

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!工程管理入門
<基礎知識><準備・段取り><実践活動>

わかる!使える!工程管理入門 <基礎知識><準備・段取り><実践活動>

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド
一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド 一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる