[ オピニオン ]

産業春秋/技術伝承の光明

(2018/1/17 05:00)

「われ入りて 鍋作りする爐にあるを 夕日と思ふ ひろきかな屋に」。鍋を作る炉の中で夕日と見まごうばかりの炎が燃え上がる―。1933年に富山県高岡市に伝わる工芸「高岡銅器」の鋳造現場を訪れた与謝野晶子は、火の迫力をこう詠んだ。

高岡銅器の炉に最初の火がともったのは江戸時代初期。加賀藩が高岡築城の際、7人の鋳物師を招いたことに始まる。ただ400年以上の歴史を持つその伝統は、風前のともしびだという。

主力製品である花器や茶道具は需要が縮減し、職人は高齢化が進む。高岡市で銅の花瓶などの工房を経営する能作克治さんは「後継者がどんどんいなくなる」と嘆く。培った鋳造技術を生かしてスズ製品にも進出し、高い成長を遂げた。

そうした転身ができる現場ばかりではない。「あと10年もすれば、いろいろな技術が抜けていく」と能作さん。危機感に背中を押され、子会社「能作プレステージ」を設立する。スマートフォンのケースなど新分野の銅器を企画・開発する。生産は地域の職人に委託し、技術を伝承させる試みだ。

受け継いだ火を絶やすまいとするその挑戦は、事業承継で悩むほかの伝統工芸産業にも、行く手を照らす明かりとなるだろう。

(2018/1/17 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい化粧品の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい化粧品の本 第2版

実務に役立つ 
プリント配線板の回路形成技術

実務に役立つ プリント配線板の回路形成技術

はじめての治具設計

はじめての治具設計

空飛ぶクルマのしくみ
技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

空飛ぶクルマのしくみ 技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゴム材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゴム材料の本

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる