[ 科学技術・大学 ]

理研など、iPS移植で合併症を確認

(2018/1/17 05:00)

  • 会見する高橋政代プロジェクトリーダー(右)と栗本康夫医師

【神戸】理化学研究所や神戸市立医療センター中央市民病院などは16日、目の難病「滲出(しんしゅつ)型加齢黄斑変性」でiPS細胞(人工多能性幹細胞)を移植した患者の網膜に浮腫(ふしゅ)を確認し、原因となる網膜前膜の除去手術を15日に実施したと発表した。iPS細胞を用いた臨床研究で、入院を伴う合併症が確認されたのは初めて。会見した理研の髙橋政代プロジェクトリーダー(写真右)は、「視力低下などの懸念は少なく想定内の反応で、コントロールできている」と述べた。

髙橋氏らは2017年6月、他人由来iPS細胞を移植する他家移植の2例目となる手術を70代男性に実施。術後の経過観察で、10月に網膜浮腫を確認した。髙橋氏は手術法の改善は必要とした上で「今後のiPS細胞を用いる臨床研究に影響を及ぼすものではない」としている。

(2018/1/17 05:00)

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる