[ エレクトロニクス ]

日立国際電気、滑走路の異物検知実証−マレーシアで連携

(2018/1/18 05:00)

  • リニアセルレーダーシステムのイメージ

日立国際電気はマレーシアで、空港の滑走路に落下した金属片などを検知する「リニアセルレーダーシステム」の実証実験を始めた。実験の実施に向け、同国のクアラルンプール国際空港を運営するマレーシア空港セパン、マレーシア工科大学と技術協力に関する覚書を結んだ。2020年をめどに同システムの実用化を目指す。

実証するシステムは滑走路に配置したレーダーが異物を検知し、それをカメラで撮影して画像を管制塔に伝送する仕組み。500メートル離れた滑走路上に3センチメートル程度の金属片がある場合、検知から画像の伝送までを10秒程度で行えるという。

滑走路に金属片などが落下していると、事故を防ぐために滑走路を閉鎖する場合がある。そうした経済損失の回避につながるシステムの実用化が求められている。

日立国際電気はプロジェクト全体を統括するほか、空港でのシステム構築などを行う。マレーシア空港セパンとマレーシア工科大はシステムの修理や保守・運用技術を身に付けるために、空港スタッフや研修生を日立国際電気へ派遣する。

日立国際電気は今後、同システムの海外展開を加速する考え。

(2018/1/18 05:00)

エレクトロニクスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」合格への厳選100問
第4版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験「機械部門」合格への厳選100問 第4版 合否を決める信頼の1冊!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい養殖の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい養殖の本

引き継がれる中小企業
後継者15人の「事業承継」奮闘物語

引き継がれる中小企業 後継者15人の「事業承継」奮闘物語

実務に役立つ 
販売士&販売スタッフ必携ポケットブック

実務に役立つ 販売士&販売スタッフ必携ポケットブック

シッカリわかる図面の解読と略図の描き方
機械図面の図形線をきちんと読み取って正しい略図を描く

シッカリわかる図面の解読と略図の描き方 機械図面の図形線をきちんと読み取って正しい略図を描く

製品設計者の手戻りをなくす 
プラスチック金型・成形 不良対策ファイル35

製品設計者の手戻りをなくす プラスチック金型・成形 不良対策ファイル35

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン