[ オピニオン ]

産業春秋/都会の雪

(2018/1/24 05:00)

雪の朝は町内が早起きになる。22日夜、発達した低気圧が太平洋側に大雪をもたらし、東京都心でも4年ぶりに20センチメートルを超す積雪を記録した。翌23日は未明から近隣住人と声をかけあい、慣れぬ雪かきに精を出した。

早めに出勤した商店やオフィスビルの人も作業をはじめ、歩道の除雪が広がっていく。歩行者が転倒してケガをすると困るし、残雪が多ければ集客にも響く。自宅やビルの前が一面、真っ白のままというのは格好が悪い。朝の雪かきは、おもてなし精神と横並び精神の微妙な融和で成り立っている。

ちょっとした降雪が大ニュースになる都会は、豪雪地帯の方からはひ弱に思えるだろう。とはいえ積雪を想定していない環境では備えも貧弱だ。スコップの用意がなく、ベニヤ板やちりとりで苦労している姿を時折、見かける。

防災対策はどうだろう。中小企業では、避難計画や事業継続計画(BCP)を策定していないケースが少なくないという。災害の発生をイメージできないからだ。数年に一度の都会の雪のたびに、自社の対策を見直してはどうか。

豪雪をあなどることなく、しなやかに対応したい。それが強靱(きょうじん)な産業社会の第一歩だと思う。

「白い朝 ビルの入り口 にじむ汗」―。

(2018/1/24 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

  • 2020/08/15

    8/15、土曜日付記事更新 ※8/17(月)は新聞休刊日のため、電子版も朝刊記事の更新はありません。ご了承ください。

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる