[ 中小・ベンチャー ]

2人乗り寒冷地対応EV 道内10社、北見通運に販売

(2018/1/24 05:00)

  • 2人乗りに改良したネイクル・タイプⅢ

【札幌】中小企業基盤整備機構北海道本部と北海道内中小企業10社は、寒冷地対応電気自動車(EV)の新型「ネイクル・タイプIII」を開発し、北見通運(北海道北見市)と販売契約を結んだ。タイプIIIは光岡自動車(富山市)のトライク型(3輪バイク)EVをベースに改良。2人乗りで、運転席と助手席の後ろ側に100キログラムまでの荷物を積めるコンテナを設けた。外装を水玉模様にするなど子どもにも親しみやすいデザインに仕上げた。

北見通運はJRコンテナ輸送を担当する事業所との送迎に使用し、タイプIIIを通じて環境に優しいコンテナ輸送をアピールする。同社は北見市のゴミ袋を販売店に卸す指定業者でもあり、ゴミ袋の配送にも活用する。舛川誠社長は「高齢者が乗りやすく、観光客が借りて近場の名所を巡るなど、もっと使ってもらえるようになってほしい」とネイクルへの期待を語った。

タイプIIIは札幌ドーム(札幌市豊平区)で開かれた札幌モーターショー2018内の「北海道自動車産業ゾーン」でお披露目した。これまでネイクルは、寒冷地装備を最小限に抑えてコストを抑制し、キタキツネを模した車体などが製作されたが、1人乗りで荷台はなかった。

(2018/1/24 05:00)

中小企業・地域経済2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる