[ 化学・金属・繊維 ]

三井金属とジオマテック、次世代半導体の実装材を開発

(2018/1/29 05:00)

  • 2マイクロメートルの微細回路の走査型電子顕微鏡画像

三井金属とジオマテックは、半導体の次世代パッケージ技術の一種「ファンアウト・パネルレベルパッケージ」(FO―PLP)向けの微細回路形成用材料「HRDP」を開発した。600ミリメートル角などのガラス板表面に銅などの薄膜を多層形成。配線の幅と線同士の間隔(L/S)が2マイクロメートル(マイクロは100万分の1)の微細回路を形成できる。生産能力は月10万平方メートル。複数の電子部品メーカーなどで採用に向けた評価が進んでいる。

FO―PLPは大型のパネルを使って大量のパッケージをまとめて作る。HRDPを使う場合、まずHRDP上に微細な再配線層を形成し、その上に半導体チップを実装。チップを封止した後にガラス板を取り外す。チップを先に配置して再配線層を作る方法と比べて、再配線層の形成失敗時にチップごと無駄にならず、歩留まりを向上させコストを削減できる。

HRDPはジオマテックが生産を、三井金属が販売をそれぞれ担当する。現在、三井金属は半導体パッケージ向けの微細回路形成用材料として、極薄銅箔「マイクロシン」を製造・販売している。

ただ、マイクロシンはL/Sの微細化の限界が10マイクロメートル程度までとみており、HRDPでさらなる微細領域を狙う。

(2018/1/29 05:00)

素材・ヘルスケア・環境のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる