[ オピニオン ]

【電子版】論説室から/再挑戦する「ふゆのロケット」、宇宙をもっと身近なものに

(2018/1/30 05:00)

昨年1月、本欄に「ふゆのロケット」と題した記事を掲載した。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の「SS-520」ロケット4号機の失敗を、マンガ「なつのロケット」(1999年、あさりよしとお作)に比べて考察したもの。原文はこのリンクからご覧頂きたい。

この記事は「経産省はもう一度、JAXAにチャンスをあげられないか。真剣に遊ぶ大人たちは、次は必ず成功してくれるに違いない」と結んだ。その願いが通じたのかどうか、無事に予算がついた。JAXAは「SS-520」ロケット5号機を2月3日午後に内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝付町)から打ち上げる。

当初は昨年12月末の打ち上げを予定していたが、直前に延期を発表した。JAXAにとって基幹ロケットではないとはいえ、2度連続の失敗はさすがに許されない。慎重に1カ月の延期を決断したことは、むしろ成功へのプラス材料と受け止めたい。

「SS-520」のことを復習しておけば、3段式で直径52センチメートル、長さは10メートル弱。実際に目にすれば大きく感じるだろうが、もともとは大気観測などの用途を想定した2段式ロケットだ。それに3段目を加えて改良し、地球周回軌道まで超小型の人工衛星を打ち上げる。5号機に搭載する「TRICOM-1R」は重さ3キログラム。成功すれば、世界最小の衛星打ち上げシステムとなる。

宇宙空間は非情なまでに物理法則に支配されているから、頑張ればたどり着けるというものではない。マンガ「なつのロケット」で小学生らが挑戦するのは全長3メートル弱という極小サイズのロケットで、搭載衛星の重さは100グラム。鶏卵2個分ほどだ。確かに最小の打ち上げシステムだろうが、これでは何らかの役割を衛星に求めるのは不可能に近い。

「SS-520」の打ち上げ能力があれば、搭載衛星にもある程度の科学的・工学的成果を期待できる。何より魅力は、その安さだ。

日本の基幹ロケット「H2A」の打ち上げ費用は、1回100億円前後。その半減を目標とする「H3」の開発が進んでいる。「H2A」より小型の「イプシロン」ロケットは30億円台が目標。いずれも打ち上げ能力は「SS-520」とはケタ違いだ。ただ「SS-520」が2億-3億円ですむとなれば、やはり魅力。篤志家を募れば、個人のグループでも宇宙に手が届きそうに思える。

日本のロケット打ち上げは一時期の失敗の連続で、マスコミの一員ですら祈るような思いで見守った。今や世界に冠たる信頼を勝ち取った。世界最小の打ち上げシステムは、宇宙への近さを内外にアピールする。成功を信じて、当日を待ちたい。

(加藤正史)

(このコラムは執筆者個人の見解であり、日刊工業新聞社の主張と異なる場合があります)

(2018/1/30 05:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる