[ ロボット ]

中国DJI、折りたたみ式ドローン投入 4K空撮・記憶装置内蔵

(2018/1/31 05:00)

  • 軽量ながら「4K」での空撮が可能なマビックエアー(利用イメージ)

  • 軽量ながら「4K」での空撮が可能なマビックエアー(利用イメージ)

中国DJIは折り畳めて携帯性に優れた飛行ロボット(ドローン)「MAVIC AIR(マビックエアー)」を発売した。重さ430グラムと軽量ながらフルハイビジョンの4倍の解像度を持つ「4K」での空撮が可能。飛行制御ソフトウエアも進化し、障害物があったり複雑だったりする地形でも安全で円滑に飛行する。価格は10万4000円(消費税込み)。賠償責任保険を1年間無償付帯する。

携帯性を売りにするマビックシリーズの中で小型の下位機種の位置づけになる。最大飛行時間は約21分。最大風速が秒速10メートル、海抜最高5000メートルまで安定した飛行が可能。最高飛行速度は時速約68・4キロメートル。

熟練の操縦スキルがなくてもプロのような動画を撮影できる各種モードを備える。複数の被写体の自動検知や高度な追尾もでき、動く被写体でも逃さず撮影できる。また、DJIのドローンでは初めて8ギガバイトの外部記憶装置を内蔵した。機体に写真や動画を直接保存できる。

(2018/1/31 05:00)

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか
欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか 欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

きちんと知りたい! 
自動車低燃費メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 自動車低燃費メカニズムの基礎知識

エンジニアリング・ブランドのすすめ
企業力、商品力を高める技術経営戦略

エンジニアリング・ブランドのすすめ 企業力、商品力を高める技術経営戦略

平成30年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集
<解答と解説>

平成30年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集 <解答と解説>

おもしろサイエンス 
コンタクトレンズと眼鏡の科学

おもしろサイエンス コンタクトレンズと眼鏡の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地質の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地質の本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン