[ 科学技術・大学 ]

電子学園、ICT特化専門職大 20年に開校 技術革新人材を育成

(2018/2/1 05:00)

  • 校舎完成イメージ(電子学園提供)

日本電子専門学校(東京都新宿区)を運営する電子学園(同、多忠貴理事長、03・3363・7775)は、情報通信技術(ICT)に特化した専門職大学「i専門職大学」(仮称)の2020年4月の開校を目指している。起業家や技術革新を起こす人材の育成を目指すもので、東京都墨田区内で廃校となった跡地を利用して校舎を建設する。

設置する学部はICTイノベーション学部。学長には、慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科の中村伊知哉(いちや)教授が就任する予定。設備投資費は明らかにしていないが、専任教員は26人で、入学定員200人。

プログラミング、人工知能(AI)、ビッグデータ(大量データ)などの教育を行うほか、連携する企業・団体と個別の教育プログラムを立ち上げ、720時間にわたるインターンシップ(就業体験)制度も実施する。

すでにNTTドコモやパナソニックなど29社・団体と連携が決まっており、今後も提携先を増やして教育の充実を図る。

専門職大学は19年度から始まる新しい高等教育機関で、ICTなど成長分野での即戦力の人材育成を目指している。電子学園は、18年10月に文部科学省に開校を申請する予定だ。

(2018/2/1 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術大全シリーズ 
ドライプロセス表面処理大全

技術大全シリーズ ドライプロセス表面処理大全

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゲノム編集の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゲノム編集の本

おもしろサイエンス 
地形の科学

おもしろサイエンス 地形の科学

太陽光発電のスマート基幹電源化
IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

太陽光発電のスマート基幹電源化 IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

SDGs経営
“社会課題解決”が企業を成長させる

SDGs経営 “社会課題解決”が企業を成長させる

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン