[ 科学技術・大学 ]

「クエン酸回路」持つ細菌、海洋機構が深海で発見

(2018/2/2 05:00)

  • 始原的な代謝系を持つ細菌「サーモサルフィディバクター」(海洋機構提供)

海洋研究開発機構海洋生命理工学研究開発センターの布浦拓郎主任研究員らは、生命活動に必須なアミノ酸などの合成に重要な「クエン酸回路」の中で、生命進化の初期形態と見られる同回路を持つ細菌を深海で発見した。水深1370メートルで熱に強い細菌を採取。周囲の環境に応じ生命機能を変化させていた。利用できる物質に応じ代謝を変化させる生物が初期の生命として誕生した可能性がある。

また深海の生物資源を創薬や材料開発などにつながる取り組みが期待される。成果は2日、米科学誌サイエンスに掲載される。

研究チームは、九州西部から沖縄にかけて延びる海底盆地「沖縄トラフ」の熱水活動域から、熱に強い細菌「サーモサルフィディバクター」を採取。同細菌を培養したところ、同じ酵素で構成された回路を使い、一部の化学反応の向きを制御。硫化水素などをエネルギー源にする「独立栄養」と、これに有機物を使ってエネルギーを得る「従属栄養」を組み合わせた「混合栄養」のシステムを環境に応じ使い分けることが分かった。

(2018/2/2 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修キーワード700
第8版

技術士第一次試験 「建設部門」受験必修キーワード700 第8版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

続・東京の長寿企業50社

続・東京の長寿企業50社

これから伸びる東京のカイシャ2021

これから伸びる東京のカイシャ2021

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる