[ ロボット ]

エアロセンス、ドローン対空標識のレーザー測量対応版を投入

(2018/2/7 05:00)

  • エアロボマーカー

エアロセンス(東京都文京区、谷口恒社長、03・3868・2551)は、飛行ロボット(ドローン)による測量に使う対空標識「エアロボマーカー」のレーザー測量対応版を発売した。価格は1個20万5000円(消費税抜き)で別途毎月2万円の測位補正サービスが必要。すでにエアロボマーカーを持つユーザーの場合は、レーザー測量に使う反射板のみを提供できるという。

ドローンのレーザー測量は、通常の写真測量に比べ広範囲をレーザーで直射計測するため、対空標識の設置数が少なくすむ。だがレーザー測量は写真測量が難しい山間部の地形計測が多く、マーカーを運ぶ手間やリスクがあり課題だった。エアロボマーカーは500グラム未満と小型軽量で持ち運びやすい。

今後、土木や建設などのドローン測量用途に提案していく。写真とレーザー測量の切り替えにはサポートの変更が必要となる。

エアロボマーカー全体で2018年度に1000個の提供を目指す。

(2018/2/7 05:00)

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる